リサイクルトナーの粗悪品にご注意ください。

現在市場には多くのリサイクルトナーが出回っています。純正品と比較すると破格的な値段で販売している所も多いです。

多くの企業にとって経費削減はとても重要な問題だと思いますから、消耗品のコストを単純に削ることができる安いトナーは大変魅力的だと思います。

経営するがからしてみれば魅力的なリサイクルトナーですが、純正品と比較して、安い理由は主に2つです。

一つは、もともと製造コストがかからないにもかかわらず、メーカーが高値で販売しているためです。そう考えるとリサイクルトナーの価格はある意味適正価格と言えます。
もう一つの理由は、ここ数年の間にリサイクルトナーの需要が急激に高まっていることが挙げられます。需要が高まれば、販売する側は大量の仕入ができますし、価格競争も起こります。

それでは純正品よりも安いトナーは必ずしも良い物なのでしょうか。
現在、エコという認識が社会的に浸透したこともあって、多くの企業がリサイクルトナーを導入しています。そのため、リサイクルトナーを取り扱うお店も増えました。

ネットで調べると、中には純正品の半額以下で通信販売している所も多く見受けれられます。しかし、単純に安さを基準に選ぶのは危ないかもしれません。

というのも、充填するインクの品質が悪いと色合いが悪かったり、プリンタ自体を故障させる原因にもなりえるからです。選ぶ際は単純に値段だけでなくて、保証が付いているものや、価格にある程度裏付けのあるお店から仕入れることも考えましょう。

このような事実を知るとリスクが怖くてリサイクルトナーを購入できない人も出てくるかと思いますが、全く試さないのも勿体無いです。

以前は、キャノンやブラザー等主要メーカーでしか、リサイクルトナーは市場に出ていませんでしたが、ここ数年でリサイクルトナーを取り扱う業社が増えたことで、エプソン、京セラはもちろん、JDLやリコーなどのメーカー製品からリサイクルトナーが出回るようになりました。

また、販売業者も競争意識が高まったことで、より高い品質のリサイクルトナーを提供する技術をもつところも現れています。

実際に純正のトナーとリサイクルトナーで印刷してみてその品質を見比べてみたことがありますが、ほんとによく見比べてみないとわからないくらいの差です。
印字の綺麗さでは差し支えないので、普段業務の資料の印刷はもちろん、会議に使う印刷物としても十分使えるものでした。